京都で猫の切断死骸

27日午前10時ごろ京都市八幡市内里の鉄工所の敷地内で、頭部と胴体が切断された猫の死骸を経営者の男性が発見し、110番通報した。

京都府警八幡署によると、鉄工所は施錠されておらず誰でも立ち入れる状態だったといい、同署が動物愛護法違反容疑で捜査している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。