5年で1000匹超減

鹿児島県牧之原畜犬管理センターで安楽死処分する犬・猫の数が減少している。
2005年度は約2000匹で、5年前より1000匹以上減った。
管理する姶良保健所は、「啓もうや動物愛護法などの効果」とみている。
同センターは、姶良・鹿屋・志布志の3保健所で捕獲したり、引き取った犬と猫を
担当。捕獲・引き取り後、2日間各市町村に特徴などを公示。引き取り手がない
場合、苦痛の少ないガスで安楽死させる。
ペット遺棄や虐待を禁止する2000年の動物愛護法施行後、処分は減り続けて
いるという。
asterisk_gray.gifその場で当たるpress@blog入会プレゼントキャンペーン!!
asterisk_gray.gif遊べる増やせるお得なサイトは『yosoo.net』

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。