猫の 「コーキシン」

猫の尿に大量に含まれ、日本語の「好奇心」にちなんで名付けられた
「コーキシン」というたんぱく質が、独特のにおいの原因物質「フェニリン」の
生成に不可欠であることが分かった。
理化学研究所と岩手大の共同研究チームが21日、米科学誌ケミストリー・
アンド・バイオロジーの電子版に発表した。
猫の腎臓でコーキシンの合成を抑えたり、コーキシンの働きを妨げる薬剤を
開発できれば、飼い主の悩みが軽くなりそうだ。
asterisk_gray.gifダイエットの情報源ってどこから手に入れますか?【ローカロ生活】
asterisk_gray.gifその場で当たるpress@blog入会プレゼントキャンペーン!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。