1年間に平均2回出産する猫は、1度に約5~6匹の子猫を生み、1年で
10~12匹増えていくという。
都市部のほかの自治体同様、野良猫問題を抱える東京都新宿区は、
2001年からこの問題を地域ぐるみで解決しようと、「人と猫との調和の
とれたまちづくり(地域猫対策)を!」に取り組んでいる。
区は野良猫対策費として、2006年度に約500万円の予算を計上している。
不妊手術費用はメスが25,000円~30,000円、オスが約15,000円。
費用の3割に当たる、年間約400万円を区が負担する。
施術のために野良猫を捕獲するが、区では捕獲道具やケージを区民や
ボランティアに貸し出し、使い方などを指導する。
不妊手術を施された野良猫は、元のナワバリに戻されるが、隠れてエサを与え
ないよう住民に周知することも重要になる。
区では、住民やボランティアを募り、決まった時間に決まった場所で1日1回
水と一緒にエサを与え、食べ残しの後片付けとトイレの設置と清掃を依頼している。
□All about Japan
発情から誕生まで 猫の妊娠と出産
asterisk_gray.gif「PLAYSTATION(R)3」や「32型液晶TV VIERA」等が172名様に当たる
asterisk_gray.gif大人気懸賞サイト★ふくびき.comで現金を当てよう!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。