地元に伝わる猫伝説で町を活性化しようと、仙台市若林区の少林(わかばやし)神社で
10月22日、初めての「ねこまつり」が開かれる。
町おこしに携わる会社経営者ら9人が実行委員会を結成。伝説を紙芝居で紹介したり、
全国の招き猫を展示したりする予定で「愛猫家が思う存分楽しめる名物イベントとして
定着させたい」と張り切っている。
猫伝説が残るのは猫塚古墳。かつて、この辺りに住んでいた侍が妻の裾にまとわり
つく飼い猫の首をはねたが、妻の危難を知らせようとしての行いだったことが分かり、
侍は猫を手厚く葬ったと言い伝えられる。
現在は古墳の姿をとどめず、猫塚神社と呼ばれるほこらに招き猫が奉納されている。
まつりでは、市内の収集家が所有する各地の招き猫約200点や、市民から募集する
猫の写真、イラストを展示。
猫のクラフトや灯籠(とうろう)作りのワークショップも開催する。
news.jpg

asterisk_gray.gif楽天市場で使えるポイント【50ポイント】もれなくプレゼント!詳しくはこちら

asterisk_gray.gif今すぐ解決したい!一人では解決困難な疑問・相談・問題意外と簡単に解決!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。