年間1000匹超

今日9月20日から、動物愛護週間。
かわいがってもらえる動物の陰で、多くのネコやイヌが路上で命を落としている。
060915evening02.jpg

平成17年度のデータによると、高知市では年間803匹の動物死骸が行政の手で
路上から運び去られている。
種類別では圧倒的にネコが多く、国道では約6割、県道・市道では約9割がネコ。
動物に交通ルールを教えるのは無理。関係者は「家で飼えないからと、安易にイヌや
ネコを捨てるのはやめてほしい」と訴える。
運転する側も、スピードを出しすぎず、動物に気をつけてあげることが大切かもしれない。
asterisk_gray.gifいざ、コルム大陸へ。 永久無料MMORPG【コルムオンライン】
asterisk_gray.gif■教えてください!あなたの仕事の魅力

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。