手足をたこ糸で縛られたまま、木につるされた状態で発見されたネコが、
多治見市豊岡町の動物病院に保護されている。
同病院では「かなりひどい虐待だ」と話している。
ネコは昨年8月、多治見市の山中で鳴いているところを近くの住民が発見し、
病院に運んだ。ネコは当時生まれたばかりで、野良猫とみられる。
腕や首に、たこ糸がぐるぐる巻きにされており、強く締め付けられた結果、
右前足の肩から腕にかけて皮膚がはがれてしまっていた。
手術の結果、皮膚は元どおりになったが虐待を受けたせいか、病院でもオリの
奥でじっとしていることが多いという。
1年間入院し、現在は引き取り手の候補も現れ、人に慣れるための訓練中。
g3.jpg

asterisk_gray.gif携帯ブログ!待画!着メロOK!ケータイサイト作成無料!
asterisk_gray.gif爽快なレースゲーム!赤ちゃんで走る!カモンベイビー!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。