犬や猫の伝染病・フィラリア症の予防薬が、動物病院などを通さずにインターネット
オークションなどで売買されていることが分かった。
獣医師の指示や、処方せんなしに予防薬を販売することは、薬事法で禁止されている上、
日本では承認されていない薬品が出回っていることもあるという。
獣医師らは「診断なしに投薬すると、ペットが絶命する危険性もある」と注意を
呼び掛けている。
農林水産省によると、予防薬は医師の処方せんなどが必要な「要指示医薬品」。
処方せんなしに販売した場合は、販売者に懲役3年以下、300万円以下の罰金が
科される。インターネットで発見した際、オークションの主催者などに掲載削除を
求めているが、なかなか減らないのが現状という。
※フィラリア症
犬や猫などの心臓や肺動脈に、細長い形の原虫「フィラリア」が寄生して起きる。
蚊を媒介して感染し、発症すると肝臓や腎臓に障害が現れ、腹水がたまり、
死に至ることもある。
asterisk_gray.gifかわいいペットを自慢しよう!
Enjoy Petの写真コンテスト

asterisk_gray.gifアクオスが当たる!Point*Townの期間限定キャンペーン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。