国の特別天然記念物で、環境省レッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)種に分類
されているイリオモテヤマネコを保護しようと、生息地の西表島を抱える沖縄県
竹富町で、飼いネコの予防接種義務づけや、ウイルスに感染したペットの島内
持ち込みを制限する動きが出ている。
町は飼いネコの届け出を義務づけた独自の「ネコ飼養条例」を制定しているが、
これを改正して規制を強化する検討を始めた。改正を要請している県獣医師会の
メンバーは「実現すれば全国的にも先進的な取り組みになる」と期待している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。