京都市は、犬や猫の死体の収集手数料を着服したとして懲戒免職処分にした45歳と
50歳の元職員2人を、近く業務上横領容疑で京都府警に告発する方針を固めた。
告発対象となる被害額は各9200円だが、50歳の元職員については三百数十万円を
着服した疑いがあるという。
市や府警によると、環境局市民美化センターの元職員2人は今年2~5月、
市民からペットの死体を引き取る際、1体あたり4600円の正規手数料を
受け取りながら領収書を発行せず、「無料」の野良猫、野良犬として内部手続き
していたという。
asterisk_gray.gifブロガーさん募集中!【B-Promotion】

asterisk_gray.gif【豪華賞品が当たる Vmail 】⇒ 今すぐ登録!

asterisk_gray.gif当たる!もらえる!現金総額170万円プレゼント!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。