米ワシントン州オリンピアで、これまで街で見かける際には愛くるしい存在だった
アライグマの群れが今年に入りどう猛化し、困り果てた住民は自衛策を講じるほか、
罠を仕掛けて捕獲に全力を挙げている。
アライグマはここ数年の間、街に姿を現すようになり、猫の周辺1.5mの距離まで
近づくのも見受けられていた。
アライグマの群れによるこれまでの被害は主なもので、猫10匹が殺害、子犬が
襲われたほか、ペットの飼い主が咬まれた。
住民40人が町民集会を開催、対策を協議した。
あなたの仕事について教えてください!

ウェブリブログでブログを始める

ドリームメール

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。