借家に大量の猫を置き去りにして退去、遺棄したとして、岡山地検倉敷支部は、
動物愛護法違反の罪で広島県福山市のコンパニオンの女(42)を略式起訴。
倉敷簡裁は求刑通り罰金20万円の略式命令を出した。
起訴状などによると、女は3月末ごろ、倉敷市西富井の借家から猫を置き去りにして立ち退き、
6月初めごろからは餌を与えず遺棄した。
住民から通報を受け倉敷署員が調べたところ、猫22匹の死骸(しがい)が見つかった。

動物愛護六法
動物愛護六法

posted with amazlet on 06.08.26
吉田 真澄
誠文堂新光社 (2003/09)
売り上げランキング: 287,290
おすすめ度の平均: 4

4 動物オーナー全ての方へおすすめ
4 動物オーナー全ての方へおすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。