ニューヨークのブルックリンの検察当局は11日、今年2月のニセ獣医摘発事件で
「おとりの患者」になって活躍した、元野良猫のフレッド(メス)が10日、交通事故に遭い
死亡した、と述べた。
フレッドは今年2月、ニセ獣医を逮捕するため街中をさまよっている時に検察にスカウト
された。検察は、本番のおとり捜査でも、のんびりした態度を失わないフレッドの「資質」を
ほめたたえていた。
事件が解決した後は記者会見にも登場。警察から殊勲の賞も受け、一躍有名になっていた。
CNN200608120017.jpg

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。